R+houseの秘密

secret06 message01

R+houseでは高性能な住宅を手の届く価格でご提供するためいくつかのルールを設定することでコストダウンを実現しました。

設計ルールを設ける事でコストダウン

R+houseでは合理的にコストダウンするために設計上、一定のルールを設けています。まず、ルールに従って設計し、その上でお客様のご希望の優先順位に従って、予算の範囲内で追加していくという形をとります。そのため性能やデザインのレベルを落とすことなく、コストを抑えた住宅をご提供できるのです。もちろんルール通りにしなければならない訳ではありません。予算に合わせて自由に進めていただけます。

たとえば合理的な構造ルール

secret06 img1 1

コストアップ

secret06 img1 2

たとえばモジュールのルール

secret06 img2

ルールといっても決して窮屈なものではありません。
お部屋のサイズを決めるときに、標準的な住宅建材の寸法である910mmを1単位として、縦も横もその倍数の長さにすること。
天井の高さを決めるときに同様に2400mmを標準とすること。
「建材メーカーが標準としている寸法=よく使われる寸法」ということ。住んで不便を感じるということは絶対にありません。
たった、これだけでのルールで、ムダな加工賃や廃材の処理費が削減され、コストダウンができるのです。
10cm刻みで設計できるけど高いお家。90cm単位でしか設計できないけどお得なお家。どちらのお家がいいですか?
R+houseでは、この“ちょっと”したルールによって、高性能で、デザイン性に優れたお住まいを手の届く価格でお客様にご提供いたします。

お部屋の広さを決めるときは縦も横も「910mm×n」で設計することでコストダウン!


secret06 message02

R+houseでは設計ルールを設けることで現場の職人さんが効率よく仕事ができるよう工夫しています。

R+houseの設計ルールは現場の職人さんの作業効率を考えて決められています。
一方、通常の住宅の建築では、複雑な工事や急な変更を考えて工期が設定されています。
結果的に本来必要のない費用を負担していることが少なくありません。
R+houseでは設計ルールに準拠する限り余分な費用負担は必要ありません。

たとえば天井高さのルール

secret06 img3

天井も2,400mmにすることでコストダウン!